FC2ブログ
うさばか保育園のうさばか園長がうさぎさん達との日々を綴ります。
2020.05    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
03.08.2010
comment:0
trackback:0
Thank you!!!! ありがとうございます!!!!
みなさま こんにちは

うさばか保育園 の むらまつあきこ です。

今朝も朝からカンカン照りのいいお天気です。
洗濯物、5秒ぐらいで乾くんじゃないかと思うぐらい朝から暑いです。

エアコンはもちろんフル稼働の保育室。
昨日はNHKでちょこっと見ましたがエアコンの風を扇風機でうまくコントロールをして
空気を部屋の中で循環させるようにすると体感の温度がかなり変わるようです。
早速昨日から試していますがなるほど確かに。。。という感じです。

明日にでも保育室の風空調コントロールの実際を紹介してみたいと思います。

今日の記事はありがとうのコーナーです。
今日ご紹介するいただきものはこちらです。

うさぎの置物(香炉だそうですが、もったいなくて使えません)

かわいいうさぎさんの香炉です。
横浜で長年うさぎさんのホリスティック医療に力を注がれている
おくだ動物病院 の おくだひろこ 先生からいただきました。
先生ありがとうございます。

保育園を始めます。という時に じゃあお花を と言ってくださったのですが
お花よりも何か形に残るものがいいということで
こんな素敵な香炉を選んで送ってくださいました。
おくだ先生と言えば Tタッチの各種講習会や
うさぎさんのマッサージ大辞典↓でもお馴染みですね。

うさぎと暮らす式 新マッサージ大事典 ~DVD付うさぎと暮らす式 新マッサージ大事典 ~DVD付
(2008/04/14)
おくだ ひろこ

商品詳細を見る


Tタッチについてはゆっくり後日ブログでご紹介したいと思いますが
私は昨年Tタッチラビットアソシエイトコースを修了いたしました。
皆様に有料でお教えすることができる資格ではないので残念ながら有料でのレッスンなど
まだまだできる身分ではありませんが、その魅力をこれから少しずつ
ご紹介させていただけたらなと思っています。
おくだひろこ先生はTタッチのプラクティショナー(有料の施術や講習ができる資格で、まだまだ日本では希少な資格です)をお持ちの先生でもあり、獣医師でもあり、ホリスティック医療(フラワーレメディやアロマ、東洋医学など)にも精通している先生です。

Tタッチはマッサージとは全く違うものです。
いずれTタッチについてここでも 少しずつ書かせていただきたいと思いますが
保育園に入園のうさぎさんにも少しずつ いわば私の名刺代わり
~これからしばらくの間、ここであなたの身の回りのお世話をするおばちゃんですよ~
~わたしはあなたに危害を加えるような存在ではありませんので、安心してください~
というようなメッセージを伝えるつもりで、無理のない範囲でナデナデのタイミングに
ちょこちょこっとTタッチをさせていただいていますが、みんな非常に受け入れがいいです。
初対面なのに、Tタッチの不思議な感じを素直に受け入れてくれる子の多さにびっくりしています。

保育園に入園してくれた子は卒園後にもしお母様か保護者の方、ご友人の方で
Tタッチの心得がある方と出会われたら
きっと
「あれれ?これ、どっかで知ってるぞ?なんだっけ?」と
きっと不思議にTタッチを受け入れてくれるようになるのではないかと思っています。
いつどこで芽が出てくるかわからない秘密の種をこっそり入園のうさぎさんに
託すつもりで優しくほんのちょこっとTタッチをさせていただいています。

最近うさぎの時間でもTタッチについておくだせんせいの記事が載っていましたので
お持ちの方はそちらをご参照くださいませ
うさぎの時間 no.5 (2010)―あなたとうさぎの時間をもっとハッピーにする (SEIBUNDO Mook)うさぎの時間 no.5 (2010)―あなたとうさぎの時間をもっとハッピーにする (SEIBUNDO Mook)
(2010/04)
不明

商品詳細を見る


あと、おくだせんせいと言えば この本の監訳でも有名です。
永遠の贈り物―アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと永遠の贈り物―アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと
(2009/04)
ローレン マッコール

商品詳細を見る


著者のローレンマッコール先生はTタッチラビットアソシエイトコースの講師として
毎年来日される傍ら、アニマルコミュニケーションの講師としても活躍されている先生です。
そのローレン先生の本を監訳されたのがおくだせんせいです。

この香炉うさぎさんの話に戻りますが、
私がいちばん最初に出会ったうさぎの ミミコ とおんなじで
白い体に赤い目
でも正直ミミコはここまでかわいくはなかったです。
もっとでっぷりとして耳もだら~ん。目もどろ~っとして
おっさんみたいな子だったのであんまり似てはいませんが
でも包みを開けてこの子を見たとき、うわ~、ミミコが帰ってきた!と
驚きました。
ミミコ先生は保育室の運動場を見下ろす位置にて、みんなの健やかな毎日を見守ってくれています。
おくだ先生 ありがとうございました。
大事にします。

スポンサーサイト



   


 内緒にする
http://usabakamaman.blog106.fc2.com/tb.php/33-fe280949