FC2ブログ
うさばか保育園のうさばか園長がうさぎさん達との日々を綴ります。
2020.05    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
22.08.2010
comment:6
trackback:0
我が家のミスターパーフェクト☆
みなさまこんばんは

うさばか保育園 の むらまつあきこ です

最近お客様に
メンバー紹介の記事をもっと!!! と言われてしまいまして(ごめんなさい)

今日は久しぶりにメンバー紹介の続きです。
前号は頑張り屋さんの 3代目秋蔵くん 
彼からバトンが回ったのは・・・

うさばか保育園を運営する うさばか&Co の総務部長でもある
豆蔵くんです。

彼も今から約3年前に我が家の子となりました。
ポーリッシュという品種の男の子です。
年齢は不詳です。(前のオーナーに聞いてみましたが教えてもらえぬまま3年の月日が…)

昨年の夏は膀胱炎に悩まされた彼でしたが
今年は食生活の改善もうまく功を奏しているようで
まだ1回も膀胱炎になっていません。

豆蔵くんはうちに来たとき
あまりに臆病でずっと奥の方で白目を剥き気味に
凝り固まっているという状態が非常に長かったんです

そして内気で引っ込み思案で臆病で、本当に怖がりさん
お水を貰ってもごはんを貰っても、お野菜も怖い。
みんな怖い。
という状態
どうしたものかと当時は考え込みましたが
無理強いして抱っこしたりせず、まずは私の家での生活の雰囲気に
彼のペースでとにかくゆっくり馴れてくれたら
とケージ越しに見守りながら日々のお世話は必要最低限にしていました。

運動場で先住のはーくんとあこちゃんが順番に出てきて
私と遊ぶお手本を
適当に開始していたら
どこからかじーっと強い視線が。。。
誰だろう?と見てみると
ケージからはーくんやあこちゃんが楽しく遊ぶ様子をじーっと見つめる豆蔵でした。
その見方はもうメモを必死で取っている熱血記者のようで(笑)

この子はさぞかし勉強熱心で、研究熱心な子で
賢いからこそいろいろ頭で考えすぎてしまって、リスクとか
いろんなことをきっと考えてしまうから、
だからこうも慎重な男なのではなかろうか

と思うようになりました。
とにかく納得がいくまで私はこっちからは豆蔵を表に誘ったりせず
ずっと豆蔵の反応を見ながら過ごしていました。

豆蔵を迎えた当時、保護して我が家の子として迎えた子たちは
誕生日も年齢もわからなかったので
保護した日を記念にしようということでお迎えのお祝いにと
ちょうどらびっとわぁるどさんで販売されていたトンネルハウスを買って帰ったんです。

で、早速運動場にそれを置いて
いつものように、はーくんやあこちゃん、ほかの子たちにも順番に遊ばせ始めてみたら

ケージの玄関口のところにぴったりつくように立ち上がって
上半身を右に左に揺らして
こっちに来たそうにする豆蔵がすぐ目に飛び込んできました

まめちゃん、こっちに来て遊ぶ?
と話しかけると
うるんだこの黒豆のような目がきらり~んと光って
すんなり抱っこもさせてくれて
緊張はちょっぴりしているけど、あの超気になるトンネルがある遊び場に
連れて行ってもらえるわくわく感が
抱っこしている私にも伝わるような、、、何とも不思議な感覚でした。

運動場に出てみると
早速そのトンネルへ直行!
もうぐるんぐるん何周も走って走って走りまくるまめちゃん。
トンネルから出てまた入るまでの間
首を振ってうれしそうにギャロップをして。。。
それはそれは見ていて楽しそうでした。

それ以来
ケージから運動場へ出かける時間を毎日とても楽しみにしてくれるようになりました。
質の高い遊びがこの子の心を開かせて、積極性を引き出してくれた瞬間でした。

他にもこんな伝説があります。
まめちゃんは最初、ケージに置かれたトイレの意味が分かっていませんでした。
前の家ではケージの中で任意の場所で用を足していたためと思われるのですが
トイレを見るなり
ベッド!と理解してしまい
毎日丁寧にベッドとして一切汚さず、きれいに使っていました。
毎日ピカピカのトイレ。。。
そしてトイレを避けるように反対の隅っこでおしっこをし、そしてさらに別の隅っこで
うんちをするという
徹底した分別ぶりも驚きでした。
トイレを理解して使えるようになった時のお話はまたいつか書かせていただきたいですが
使えるようになった今でも
うんちとおしっこは完全100%分別!!!

彼のこだわりは尋常ではありません。
おしっこはトイレだけ!
うんちはトイレの外の一か所に山積みにする。
それが彼の信念。
寸分の狂いもないパーフェクトな仕事をする。

そういうわけでわが社の総務部長にもなるべくしてなったお方でもあります
(毎度お世話になります。部長さま)
総務部長のまめちゃんです

もし彼の運動場遊び中に遭遇できたら
布やクッションのしわ伸ばしをする様子は必見です。
麺打ち職人のようです(笑)
スポンサーサイト



みるちゃんマミー
園長先生、こんばんは~♪
豆蔵くんにうちのふうちゃん(ネザー)がにています。
いまだに、抱っこされるのを怖がります。
もう、生後2ヶ月から、我が家に来て、もう5才4ヶ月なんですけどね。
私もなるべく、声をかけているのですが、いまだに、ケージの中が、1番安心で良いみたいなんです。
フルハウス、凸スロープ、チンチラステージ、ウッドベットと、ふうちゃんが、遊びやすいようにしています。
園長先生は、うさぎさんを保護されて、とても深い愛と勇気があるんですね。
私も、うちのうさぎたちに認めてもらえるように、諦めずに、がんばりたいと思います。
26.08.2010 / URLEDIT
リュウ
ワタシの大好きな豆ちゃーーん。
ちっこいうさのかわいさを教えてくれた豆ちゃーーん。
あのお目目キラキラ・ビームは罪ですわよ。
また会いに行くから、今度はいっしょに遊んでね。
26.08.2010 / URL [ EDIT
レキ母
カメリハでお世話になった豆ちゃん。
実際にお会いしたら、その小ささにびっくりしました!
ポーリッシュという種類も初めて拝見しましたが
とても美しいうさぎさん!
園長先生のところに来た時はそんな感じだったんですね。。。
今でも、うちのおとたんが「ベルちゃん、可愛かったのう~」と話しておりますが、ベルちゃんも以前はあんなに温和じゃなかったなんて話を聞いて、信じられないです。やっぱり、人の心の通じる生き物なんだなって私も日々感じております。
おかげさまで、うちの王子も、すっかりまた、
跳びはねるか、お昼寝するか、しております~。
26.08.2010 / URL [ EDIT
うさばか保育園
みるちゃんマミーさん
こんにちは。お返事遅くなり申し訳ございません。

ネザーのふうちゃん
うまくいくヒントがどこかに隠されているでしょうね。
これからも見つかるまでのんびりじっくり向き合ってあげてくださいね。
待ってくれる人ならきっとふうちゃんもわかっているでしょうから
いつかひょっこり抱っこができるかもしれません。

> フルハウス、凸スロープ、チンチラステージ、ウッドベット
こういうふうにケージという穴の中にたくさんあると
神経質な子の場合ますます神経質になってしまうという考え方もあります。
ケージの中がシンプルになる方がかえって自信がついてくるのかなと思います。
またお話しできるときにゆっくりそのあたりのお話をさせてくださいね。

深い愛と勇気。
子供を育てるお母さんならだれでもが普通に持っているものだと思います。
うさぎだと思って保護したつもりではなかったので
ついムキになってしまったのでしょうかね(^^;)
当時は周りからはいろいろ言われたこともありましたが
この子たちがいろんなことを私に教えてくれたので、
みんなで力を合わせて保育園を始めることができたんだと思っています。
みるちゃんマミーさんにも深い愛と勇気が備わっているので
頑張ってくださいね。
28.08.2010 / URLEDIT
うさばか保育園
レキ母さん

こんにちはー♪
まめちゃんのことお美しいだなんて!ありがとうございます。
きっとどこかでまめちゃんを生んだお母さんうさぎさんが喜んでいることでしょう。

豆蔵も、秋蔵も、そして亡くなった文蔵も、
べる蔵も、、、程度の差は少しありましたけども
みんなすごく癖があったり怖がりでいろいろ最初は大変でした。
いろんなプロセスを経て今のような感じになりました。

べるちゃんはまたメンバー紹介で彼の武勇伝を紹介しますのでお楽しみに
今では本当に好々爺です。
レッキー王子もすごく頭の良い素晴らしい息子さんなのでこれから将来が楽しみですね。
いい芽まで摘んでしまわないように気を付けて
たくさん褒めて褒めて伸ばしてあげてくださいね。
28.08.2010 / URLEDIT
うさばか保育園
リュウさん

こんにちわん!
お目目キラキラビーム!
あの黒豆瞳うるうるがそう呼ばれていたとは!?

3年が過ぎてすっかり甘えん坊になって
遊ぼうよ~とよく誘ってきます。
小さいうさぎさんにあんまり関心がなかったリュウさんに
小っちゃい系ラブ心をめばえさせた
その功績は
大きいなあ。。。
これからも彼の応援よろしくお願いします。
ご飯モリモリ食べて将来は大きい男になるらしいです。。。
28.08.2010 / URLEDIT
   


 内緒にする
http://usabakamaman.blog106.fc2.com/tb.php/40-ccf53208